”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

【米国株】ETFは初心者にオススメ!3種類のETFを簡単紹介!
不労所得実現には安定配当銘柄がラクチンか?オススメ銘柄5選も紹介!
【ブログ】年間100万PVの記事をランキング!アクセスUPのコツも公開!

【米国株】お金持ちへは米国株投資!日米人口成長率が理由とは?

f:id:stepping:20200308144522j:plain
いよいよ米国株投資編がスタートしています。お金持ちになるための投資ならどんな国に投資すればいいか?その最適解の一つが米国株投資だというコンセプトから米国株投資を紹介していきます!

 

お金持ちへの道が何故衰退する国ではなく、成長する国への投資である必要があるのか?その点を経済原理である、産業構造と人口変化をキーに簡単に説明していますよ!

 

 

米国株という成長国に投資する理由

1限目

S&P500と日経TOPIXの30年間のチャートを比較して二つの国のどちらが成長してると考えられるか、まずはグラフを目で見ることによって一目で成長を理解できるように説明しています。

 

チャートだけでも米国市場が後退と回復をしながらも成長していってるのがわかります!

 


2限目

 

その国がどのように経済成長をしてるかは、産業構造の理解が必須という観点から、最もシンプルに内需か外需に関して説明しています。

 

外需と内需の違い
・外需とは貿易によって国が稼ぐ事
・内需とは国内の消費によって国が稼ぐ事

f:id:stepping:20200128140100p:plain


 

日本も米国も内需型産業

・日本は内需60%(アベノミクス前はなんと内需75%だった!)

・米国は内需70%

 

すなわち日本も米国も国内の需要が増えれば増えるほど、国が成長するという事になります。

 


3限目

 日本と米国の今までの人口と将来の人口増加率を比較しています。衝撃的なのが40年後には日本と米国で4倍もの人口差になってしまう事。

 

それは下記の人口動態が理由です。少子高齢化といわれていますが、日本の出生率は将来更に深刻な問題になってのしかかってくることが既に目に見えてる気がします。

 

内需メインの産業構造の国の場合は必ず人口増加国であることが条件です。そしてそういった意味では将来的に長期的に考えて米国株投資が適切であるという事になります。

 

米国の人口動態

f:id:stepping:20200128140130p:plain

 

日本の人口動態
 

f:id:stepping:20200128140155p:plain

 

動画宣伝

 

動画の目的)

今後もお金で幸せになるお金持ちになるための、投資初心者または資産運用をこれから始めてみたいという視聴者層に少しでも役に立つ内容を目指していきます!

 

投資としては米国株をメインで投資に関しての考え方や、関連するニュースやETF・個別株の情報も発信していきます!

 

また節税や節約など生活に役に立つ資産運用の情報も

 

更新予定日)

週2回予定、水曜日20時と土曜日20時

 

高評価・チャンネル登録」大喜びです!

 

*投資判断はあくまで自己責任で

 Keep your finger's crossed!

 

↓応援ポチっとありがとうございます!↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<合わせて見たい!>

 そもそもお金持ちになるためになぜ米国株投資になったのか、根本的な条件をお話ししてる動画になります!是非、高評価・チャンネル登録お願いします!