”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

お金の運用は貯金ではなく米国株投資の2つの理由!
大統領選と米国株の影響度は?トランプ・バイデン政策比較!
米国株にオススメETF・投資信託!絶好調銘柄へ投資しよう!

親日国台湾で蔡英文総統が再選!理由を3つの視点から分析!

f:id:stepping:20200112064814j:plain

台湾総選挙の結果は 蔡英文総統が圧勝で再選となりました!実にこれは非常に大きな意味をもちますよね。習近平中国国家主席への抵抗するのが蔡英文総統だからです。

 

蔡氏の得票率は57%で韓氏に約19ポイントの大差をつけた。得票数は817万と1996年以降の直接総統選で最多。投票率は74.9%で16年の前回選挙を9ポイント近く上回ったそうです。

www.nikkei.com

 

台湾が今回の結果になった理由は香港問題・台中関係・世界1の親日国の3つが理由に挙げられそうです。

 

台湾は親日国家として皆さん感じてると思います。東日本大震災において台湾から義援金が250億円も日本に届けられているんです。それだけでも台湾の皆さんには感謝の気持ちしかおきませんよね。台湾旅行は日本人にとっても凄く人気がありますね。

 

自分的には本当に台湾に対してはいいイメージしかなくて、台湾への感謝の気持ちはいつももちたいので、政治的観点は抜きに、今回は再選理由をまとめてみたいと思います。

 

では米国株投資家もみあげの「親日国台湾で蔡英文総統が再選!理由を3つの視点から分析!」をお楽しみください!

 

*投資判断はあくまで自己責任で

香港問題

 

 香港問題が間違いなく今回の総統選における蔡氏の追い風になったのは間違いないと思います。報道によって見方は様々だとは思うのですが、あの状況をみて中国の統治体制に対して恐怖を覚えない人はいるのかという過激さでした。

www.bbc.com

 

あの香港問題で一番想起されるのは、自由という民主主義vs統治国家という構図じゃないでしょうか。米国でも香港人権法が成立されましたよね。中国からは内政干渉だと関係悪化を招きました。

米、香港人権法が成立 中国「内政干渉だ」報復言及 (写真=AP) :日本経済新聞

 

その香港問題が今回の台湾総統選に置き換えられて、台湾の若者が選挙に多く参加したことによって、蔡氏の圧勝につながったとも思えます。

 

では台湾の若者のアイデンティティと台湾と中国の関係を確認してみますね。

 

台湾と中国の関係

台湾と中国の関係性に関してはWSJのソースを活用しています。

jp.wsj.com


台湾人のアイデンティティ

実は1年前の地方選挙では蔡英文総統率いる反中派の民進党は屈辱的敗北を喫していました。よって今回の総統選が非常に注目されていたんです。

 

下記は台湾人のアイデンティティですが、台湾人が自分の事を台湾人と思う比率が非常に高まっているのがアンケートで分かっています。

 

f:id:stepping:20200112050250p:plain

 


台湾と中国の軍事力の比較

恐ろしい位の違いがあるのがよくわかると思います。中国が軍事的に本気を出すことを台湾は非常に恐れているはずです。

 

f:id:stepping:20200112050719p:plain

事実この軍事力の差を利用して、中国政府は経済的に台湾が中国に依存せざるを得ない状況を意図的につくってきました。2400万人の台湾を統治することは中国にとって非常に重要な国家戦略だったようです。

 


中国は台湾にとって必要な経済相手

 

ただ皮肉な事に中国は米国よりも貿易として重要な相手国となり、更に観光業を重視する台湾にとっては、大切なインバウンド収入として見込めるのが中国なんです。

f:id:stepping:20200112051617p:plainf:id:stepping:20200112051651p:plain


まとめ

この情報だとアイデンティティは完全に中国から離れてると思います。ただ中国の軍事力と中国からの経済的な恩恵も非常に大きく、経済的には頼る部分は大きいけど、国としては統治はされたくない。といった相反する状況だと思います。

 

それもあるので、日本との経済的協力は台湾にとって非常に重要なんじゃないでしょうか。もちろん日本人にたいして好意的なイメージもあると思うのですが、経済的にも中国に頼りっきりになるのを避ける思惑もあるのかなと感じました。

 

台湾は世界1の親日国

 

台湾は世界1の親日国ともいわれるそうです。その理由として一番大きいのは、第二次世界大戦中の日本の統治が全体的に台湾人にとって良好で、特にインフラ面の整備において今も感謝されてる部分があるからみたいです。

 

そして逆に、台湾が親日といわれるようになったのは、日本敗戦後の中華民国(国民党軍)による統治があまりにもひどかったせいで中国への嫌悪感。

 

よって相対的にインフラの整備や教育の向上などを進めた日本統治時代が美化されたからだといわれています。

 

冒頭でもお話しした台湾からの250億円の義援金はこういった親日の部分から来てると思います。戦争でのイメージなので日本人としては複雑ですけど、素直に感謝したいし台湾人とは本当に親愛なる隣人として素晴らしい関係を継続していきたいですね。

日本人が知らない、3.11で台湾から届いた義援金200億円の真実(木下 諄一) | 現代ビジネス | 講談社(4/4)

 

事実蔡氏が再選後ご自身のツイッターにて、日本への親愛を述べているのが印象的でした。

 

ちなみに次に親日なのはブラジルみたいですよ。良好な関係は続けていきたいですね。親日の理由は下記サイトがわかりやすくまとめてくれています。

世界の親日国ランキングトップ8! | The-Rankers - Part 3

 

まとめ 

では「親日国台湾で蔡英文総統が再選!理由を3つの視点から分析!」をまとめていきますね!

 

 

蔡英文氏が再選したことはアジア圏における民主主義、もしくは世界にとっても非常に大切な出来事だとも思います。中国という超巨大統制国家の影響力下にあるからですよね。

 

日本は非常に難しい立場にいると思います。経済的・外交的にも日本は中国の存在を絶対に無視はできないです。それは下記記事でも述べられているのですが、外交的に安部首相がどのような対応をするかも賛否両論が出ると思います。

台湾総統選「窮地に立つ習近平」に「温かな手」を差し伸べる安倍首相 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

 

政治的な意見は自分は述べるつもりはないのですが、少なくとも台湾の皆様への感謝の気持ちだけは忘れないようにしたいと思っています。いつまでも有効な関係を継続していき、この親愛なる最高の隣人と笑顔でいれる状況でいたいですね。

 

 

では皆さんの世界1の親愛なる隣人である台湾とのお付き合いによる幸せな資産運用を祈って!

 

*投資判断はあくまで自己責任で

 Keep your finger's crossed!

 

↓応援ポチっとありがとうございます!↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<あわせてよみたい!みたい!>

資産運用でお金持ちになるというコンセプトでYouTubeも配信しています!是非高評価・チャンネル登録お願いいたします!