”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

世界最強経済大国の危機も?米国大統領選挙から株式市場の未来を占う
不労所得実現には安定配当銘柄がラクチンか?オススメ銘柄5選も紹介!
【米国株投資】初心者用セクターリスト付き!一目でわかる特徴・代表銘柄・組入れ方法

株価下落で誘惑に負けた。あの8%高配当銘柄に追加投資 9月第3週投資実績

f:id:stepping:20190923105630j:plain
遂に株価下落で8%の配当利回り【MO】アルトリアに追加投資をしてしまいました。もみあげのポートフォリオ上のタバコセクターの比率は15%以下です。アルトリアに追加投資する前にほぼ15%位だったのですが。

f:id:stepping:20190923101503p:plain

この値動きをみて、40ドルの節目を下回った瞬間に追加投資、誘惑に負けたという事です。これでまたポートフォリオでタバコセクターが16%になってしまいました。何故ここまで【MO】アルトリアが株価が下がるかも、少しご説明致します。

 

また米国株投資の9月第3週の週間実績を報告いたします。投資実績としては 配当込みで+$10,652 (含み益$7,105+配当3,548)  損益率+7%です。

 

では米国株投資家もみあげの「株価下落で誘惑に負けた。あの8%高配当銘柄に追加投資 9月第3週投資実績」の記事ををお楽しみください!

 

*投資判断はあくまで自己責任で

9月第3週終了時点の実績

f:id:stepping:20190923054201p:plain

9月第3週評価損益

評価額合計 : $160,064

コスト合計 : $152,960

含み益合計 : $7,104

含み益%     :   4.64%

 

9月第2週評価損益

含み益合計 : $7,370

含み益%     :   4.93%

 

先週対比

含み益合計 : ▲$266

含み益%     : ▲0.29%

 

 先週より成績が落ちてる理由はもちろん【MO】アルトリアが原因でもあるのですが、実はそれ以外にも今までポートフォリオ成績を引っ張ってくれた生活必需品・マクドナルドなども株価がさえません。

 

またマイクロソフトは増配と自社株買い400億ドル決定で株価は上昇しましたが、更なる上昇を期待した【V】ビザがJPモルガンの決済ビジネス参入の報道で株価が下落しています。

www.nikkei.com

【MO】アルトリア追加投資

【MO】アルトリア12万円 高配当銘柄、電子タバコ排除報道で下落を追加投資

【NSRGY】ネスレ22万円 3%下落タイミングで超優良銘柄として追加投資

 

アルトリア下落は様々な理由がありますが、現在の社会状況的に嫌悪感を持たれてるのが大きいと思っています。

www.momiage.work

 

更に電子タバコが肺疾患を誘発する。電子タバコが若年層のタバコ喫煙を助長してるなど、電子タバコに関しても徹底的に規制がはいってきています。インドでも全面的に電子タバコ禁止。中国ではJUUL販売中止などニュースをあげたらきりがないほどです。

www.momiage.work

 

ネスレはチャンスがあったら定期的に追加投資していきます。それほどの優良銘柄だと判断しているからです。

www.momiage.work

 

9月第3週状況とニュース

9月第3週ヒートマップ 

 

9月2週と比較すると9月3週は株価が全体的に冴えなかったです。但し石油関係はサウジアラビアへの石油施設の攻撃が関係して、原油高によって上昇しています。またヘルスケアセクターが復調してきていますよね。

f:id:stepping:20190923055449p:plain

 

9月第2週ヒートマップ 

f:id:stepping:20190915105520p:plain

 


9月第3週ニュース

FRBによる利下げは予定通り実施されました。但し一部マーケットが期待していた年内追加利下げは無しだという事です。もみあげ的にはこれ以上の利下げを行うと、米国市場下落時に打つ手がなくなると考えるので、この事には肯定的です。

 

jp.wsj.com


9月第4週注目ニュース

米経済専門局CNBCは20日、中国代表団が協議の終了後に帰国し、モンタナ州などの農家視察は中止すると報じました。トランプ大統領は貿易協議が進展してる事をPRはしていますが、状況は不透明。寧ろ更なる混迷に向かってる雰囲気もあります。

 

米中貿易協議関係のニュースは常に注目しないとまずそうです。

jp.wsj.com

 

まとめ

 

9月第3週はFRBの年内追加利下げ無しという重要な動きがありました。ただしマーケットは予想通りといった内容でそこまで大きくは動かず。

 

ただし最終日の中国代表団がモンタナ州などの農業視察をキャンセルしたといったニュースにマーケットは敏感に反応して、少し下落して終了しました。

 

最近マーケットをみてて感じるのが、「株価の上値」が重くなってるです。投資家達もマーケットに不信感が強くなってるのではないでしょうか?元々米国株は割高といわれてたのもあり、相当警戒していると思います。

 

それもあって、今回の【MO】アルトリアみたいにPER12で配当率8%に追加投資をしたくなってしまいました。ただこれ以上は流石に怖いので、しばらく様子見です。

 

9月第2週のコメントです。備忘録

9月第2週はトランプ大統領の中国への歩みよりもあり、マーケットは全体的に上昇しました。但しトレンドが変わった状態も間違いなくあります。

 

今まで人気を集めてたMVP、生活必需品、公益、そしてマクドナルドとスターバックスが下落もしています。Saasバブルも終わったといわれていますね。

 

ここからクリスマス商戦に向けて米国市場は盛り上がっていかなきゃいけない、経済にとって重要なポイントです。この状況においてFOMCでパウエル議長は上手く議論をまとめてマーケットを上昇気流にのせていけるのでしょうか?注目ですね。

 

*投資判断はあくまで自己責任で

 Keep your finger's crossed!

 

↓応援ポチっとありがとうございます!↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

米国株ランキング

 

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<関連記事>

【MO】アルトリアの銘柄分析です。株価は下落し続けていますが、財務はまだまだ余力がありそうです。非常に悩ましいですね。

www.momiage.work

 

 

 マイクロソフトの配当と増配に関しての記事です。マイクロソフトは安定感がでてきてホルダーとしては嬉しい限りです。

www.momiage.work