”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

【月間ブログ内人気記事ランキング】記事毎に特徴説明・アクセス・収益も公開 
【米国業界分析】米国カード業界分析 クレジットカード大国アメリカ実情
遺産相続株式5000万円の税金は? 500万円の損失 投資を始めたきっかけ第12話
ブログアクセス倍増 グーグル砲をゲットする為の9つの重要ポイント!

【DIS】ディズニーと11%増配マイクロソフトがタッグ!ワクワクの理由とは?

f:id:stepping:20190919114551j:plain

【DIS】ウォルト・ディズニー・スタジオが11%の増配を発表した【MSFT】マイクロソフトのAZUREとクラウド分野で業務提携したというニュースが入りました。

jp.techcrunch.com

 

このニュースは【DIS】ディズニーホルダーと【MSFT】マイクロソフトホルダーにとって非常に大きな意味を持ってると思います。マイクロソフトホルダーのもみあげとしてはワクワクがとまりません!

 

ディズニーは年間のコスト削減につながる、マイクロソフトはクラウドでアマゾンから更に優位に立つし、ディズニーの最新技術のノウハウを蓄積していける可能性もありまます。

 

マイクロソフトは9月18日に2019年は11%増配になると発表しました。Azureの好調が業績を押し上げてると予想できますね。Q4配当が0.46から0.51に増配だという事です。

www.cnbc.com

 

今回は業務提携内容を少し詳しく説明しながら、ディズニーの銘柄分析も簡単に行って、【DIS】ディズニーと【MSFT】マイクロソフトの今回の業務提携による今後の期待なども予想してみたいと思います。

 

ではもみあげ米国株投資家の「【DIS】ディズニーと11%増配マイクロソフトがタッグ!ワクワクの理由とは?」をお楽しみください!

 

*投資判断はあくまで自己責任で

業務提携内容

今回はディズニーにおけるウォルト・ディズニー・スタジオとAzureの提携にとどまっています。年間売上594億ドル(約6兆円)の内のウォルト・ディズニー・スタジオの売上は99億ドル(約1兆円)で全体の17%ほどです。

 

とはいえウォルト・ディズニー・スタジオにおけるコストの中で最も費用を占めているのがオペレーションコストです。直近の決算をみてみましょう。

f:id:stepping:20190919072813p:plain

*2018 Annual report

売上が19%増になっていますが、operating expenseもそれと比例して18%の増加になっていますよね。ウォルト・ディズニー・スタジオとしても是非ともこのコストの部分を削減したかったのでしょう。

 

例えば皆さんが大好きな「アナと雪の女王」の製作費は160億円、日本アニメで特に製作費が高いジブリの「千と千尋の神隠し」で20億円程度ですから、いかにディズニースタジオが製作費の負担が大きいかがわかると思います。

 

また映画産業は当たり外れが多いエンターテイメントになります。とはいえ何が当たるかわからない状況で、可能な限りコストを抑えてその収益性の不確実な部分を無くそうとする今回の提携は【DIS】ディズニーホルダーにとっては非常に歓迎されることじゃないでしょうか。

 

5年間の業務提携となっていますが、その間に収益的にどれ位の恩恵がウォルト・ディズニー・スタジオにもたらされるか注目ですね!

素晴らしい映画をどんどん世に出して欲しい!

【DIS】ディズニー銘柄分析

【DIS】ディズニーを簡単に銘柄分析してみます。財務とチャート分析です。

【DIS】ディズニー

予想PER : 23.58

配当率    : 1.3%

連続増配 : 9年

創業1923年10月16日, カリフォルニア州 ロサンゼルス

言わずと知れた世界最大のエンターテイメント企業です。コンテンツの王様とも言っていいかと思います。セクターは一般消費財に属しています。銘柄的には成長銘柄と考えた方がいいですね。景気にも敏感な銘柄になります。

 


財務分析

売上・営業利益・利益率)

売上も基本的に上昇傾向、営業利益も25%ほどあります。但し年々営業利益が上昇する傾向にある事でしょうか。それもあっての今回のAZUREとの業務提携かも。

f:id:stepping:20190919093413p:plain

 

キャッシュフロー)

投資キャッシュフローが必要な企業にしてはフリーCFが潤沢です。営業CFもしっかり上昇してきているのが好印象ですよね。

f:id:stepping:20190919093439p:plain

 

EPS・配当・配当性向)

連続増配が9年と比較的短いです。やはり景気に敏感な銘柄なので増配を永続できるかどうかは不安定な部分だともいえるかもしれません。

f:id:stepping:20190919093504p:plain


チャート分析(2008年-)

やはりリーマンショック時の落ち込みが激しかったのが分かります。また2012年には大きく下落していますね。景気に敏感な部分がチャートに出ていると思います。

f:id:stepping:20190919095212p:plain

 *stockcharts


財務・チャート分析まとめ 

正直な所、一般消費財セクターであり、更にエンターテイメント関係なので、財務状況はもっと上下が激しいかと思っていました。

 

内容を確認してみて景気に敏感でチャートも必ずしも順調ではないですが、想像以上に力強いなと感じました。PERも23ちょっとで成長銘柄でこの安定性なら投資価値は非常に高いと思います。【DIS】ディズニー恐るべし!

 

但しコンテンツ事業は、ネットフリックス、コムキャスト、アマゾン含めて競合がひしめき合っています。競争が激しいですが、コンテンツの充実性を考えたらその部分もディズニー優位では?と個人的には思っています。

マイクロソフトのクラウド

 マイクロソフトは現在売上的にはAWSを抜いてクラウド首位に立っています。但し売上的には1位ですが、クラウドサービスのSaaS/PaaS/IaaSの3つの分野において、アマゾンのAWSはSaasをカバーしておらず、Paas/IaasはまだまだAWSのシェアの方が大きいそうです。

www.nikkei.com

 

マイクロソフトとしてはAzureをどんどん伸ばしたい所です。そしてmicrosoft関連の記事ですが、クラウド導入で80%ほどのコスト削減を成功した例もあるみたいです。 

blogs.technet.microsoft.com

 

今回のウォルト・ディズニースタジオとAzureの提携によるコスト削減の効果の期待値はどれ位かわからないですが、ディズニー側の期待値を満たすことができれば、ディズニー本体のコンテンツ事業などにもAzureを拡大するチャンスになるかもしれませんね。

 

また近々決算も発表されますが、今回2018年の8%の増配から2019年は11%の増配になったという事は、今回の業務提携も含めて決算も好調な可能性が高いですよね。

 

マイクロソフトの銘柄分析は下記記事で分析しています。 
www.momiage.work

まとめ

 いかがだったでしょうか?コンテンツの王様【DIS】ディズニーとクラウド分野で大躍進、時価総額1位の【MSFT】マイクロソフトがクラウドのAZUREで業務提携を結んだという記事でした。

 

これこそ米国株投資の面白さという所ですよね。時価総額6兆円のディズニーと時価総額1位で約11兆円のマイクロソフトがクラウド分野で業務提携なんてワクワクしちゃうに決まっています。

 

しかも上手くいけばお互いに非常に大きなWin-Winになる可能性が高いです。米国株投資をやっている楽しみの一つです。正に夢の世界にいるような気分になれますね。

 

(一つだけ不満があるとしたら、ソニーと和解してアベンジャーズにちゃんとスパイダーマンが出るようにしてください。ディズニーさんお願いします。( ノД`)シクシク…)

 

では皆さんの投資による明るい資産運用を願って!

 

*投資判断はあくまで自己責任で

 Keep your finger's crossed!

 

↓応援ポチっとありがとうございます!↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<関連記事>

マイクロソフトは元々増配しそうだと思っていましたが、更なる増配はサプライズニュースでした。

www.momiage.work

 

【DIS】ディズニーのコンテンツ事業の競合になるかもしくは、プラットフォームで協力関係になるかもしれないコムキャストの銘柄分析記事です。

www.momiage.work