”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

【月間ブログ内人気記事ランキング】記事毎に特徴説明・アクセス・収益も公開 
【米国業界分析】米国カード業界分析 クレジットカード大国アメリカ実情
遺産相続株式5000万円の税金は? 500万円の損失 投資を始めたきっかけ第12話
ブログアクセス倍増 グーグル砲をゲットする為の9つの重要ポイント!

持ち家派?賃貸派?持ち家にすべてをかけた男の話 お金はどこへ消えた?

f:id:stepping:20190916082848j:plain

あなたは持ち家派?賃貸派?どちらでしょうか?住居は生活には絶対に欠かせない必須物になります。この住居に関しては様々な考えがあり人生そのものを象徴するといってもいいかもしれませんよね。

 

このお話において持ち家が不動産価値が下がっていくから負債になるから持ち家はダメだとか、賃貸はお金をドブに捨てるようなものだからダメだとか。そういった話では全くありません。

 

ただ持ち家にすべてをかけたある男性のお話をしたいと思っています。ある男性はもみあげの職場の先輩だった人です。

 

ではもみあげブロガーの「持ち家派?賃貸派?持ち家にすべてをかけた男の話 お金はどこへ消えた?」シリーズの第4回目をお楽しみください!

 

決して決して世界的に有名な「チーズはどこへ消えた?」のパクリじゃないですからね!決して違いますよ!!!


チーズはどこへ消えた?

 

 

持ち家すべてさんのプロフィール

<登場人物プロフィール>

名前 持ち家すべてさん

年齢 30代後半

職業 もみあげの過去の職場の同僚

年収 600万(残業150時間以上込み)

 

性格

見た目は優しそうなんだが現実は違う。切れるととまらない。どんな状況でも喧嘩をうる。後輩の面倒見がいいようで、実は馬鹿にしてるなど。もみあげの人生から考えて強烈なインパクトがある人でした。

 

実は下記ブラック職場のお話でもでてくるもみあげを人生で初めて土下座させた人です。ちなみに今回はその中のお局さんも絡んできます。

www.momiage.work

持ち家すべてさんとの交流

持ち家すべてさんとの交流の歴史

実はあんまり思い出したくないんですけど。怒りと複雑な感情が込み上げてきてなんとも言えない気持ちになるからです。

 

もみあげは自分の会社の中では高学歴です。さらにアメリカ留学経験ありで就職しました。実はもみあげは意識だけは高かったので、入社して港湾の職場に配属される前に、就職する会社の人事に頼みこんで、その港湾の職場で半年ほどバイトをしてたんですよ。

 

その時に教育係になったのが持ち家すべてさんでした。最初は優しかったんですよ。

その職場のグループマネージャーが「持ち家すべてさんもみあげ君をバイトとして雇うから教育をお願いしていいかな?」

持ち家すべてさん「忙しくて人が足りなかったし、入社前から働くなんて感心な若者だなもみあげさんは!是非お願いします」

 

しかし、朝7時半には会社に来い!(もちろんサービスですがね。)現場に行ってきて、おはようの挨拶をして来い!お前高学歴の癖にこんな事もわかんねーのか!まーこんな感じだったんです。もちろんもみあげも社会人としてダメな所があり、寝坊とかしょっちゅうしてたんですけどね。(笑)

 

それで半年間経って、今の会社に入社して二度とあの職場には戻りたくない!絶対に営業とか企画とかそっちに行きたいって主張しまくってたのに・・・

 


人事担当からの非情な宣告

 

人事担当「もみあげ君、配属なんだけど、九州にいくか、もしくは以前バイトで働いてた東京の港湾の職場どっちがいい?」って新入社員研修の最後に告げられたんです。

 

もみあげ「え??え??????ええええええええええ?、だって俺彼女東京にいるんだけど、しかも九州ってどういうことだよ?俺の両親が九州出身だから?ってか俺英語話せるし、なんでいきなりそれに関係ない所に配属なわけ?ってか俺海外要員担当から外されてるんですけど?どういう事よ!!!!」

 

いやー。この時まさか今シカゴにいるなんて事は想像もつかなかったっすね。まじであの人事担当だけは一生許さん!

よっぽど人事に嫌われたってことでしょう。

そして泣く泣く「はい。わかりました。東京のあの港湾職場に配属でいいです。。。」というしかなかったんです。それがもみあげのブラック職場体験に繋がるんです。

www.momiage.work

そして二度と会うまい!と思ってた持ち家すべてさんとの再会でした。

 

ある日の事

 

こうしてもみあげは再び持ち家すべてさんと同じ職場で働くことになります。それはそれはブラックさながらの超絶ブラックでした。もみあげのブラック職場の記事をみればわかる通り、やめたいというよりはいつか見返してやる。

 

人事の馬鹿野郎共覚えとけよ。全員ひざまずかせてやるからな!ってかこの職場の奴らもみとけよ!っていうどす黒い感情でのし上がることに必死でした。


そんなある日の事

普段は職場の男性陣はこんな作業着を着て仕事をしています。これにヘルメットかぶってですね。茶髪の人も沢山いたので、下の写真とあんまり変わんないですね。持ち家すべてさんもいつもこんな感じです。

ãä½æ¥­çãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 
それがある日突然下記のような恰好をして出社してきたんですよ。もみあげは内心「むっちゃ似合ってねー!って笑いそうでしたが」(当時むちゃくちゃ性格悪いです。)
ãããµãã¹ã¼ã姿ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ
 
もみあげ「持ち家すべてさんどうしたんですか?今日はスーツなんて着てらっしゃって、何かあるんでしょうか?」
 
持ち家すべて「実はさ、家を買おうと思ってるんだよ。それで今日はローンの相談で銀行と会うんだよね。流石にしっかりしないとな」(結構緊張してました。笑)
 
もみあげ「え?そうなんですか。うちの会社給料低いし、支払いとか結構大変じゃないんですか?(この人は残業で稼ぎまくってるけどな・・・)」
 
持ち家すべて「ばっか、お前何もわかってねーな。この会社の唯一いいところは一部上場してるところだろうが、こんな会社いつでも辞めてやるけど、一部上場なら銀行が簡単に金かしてくれっから、それを有効に使うんだよ。」
 
もみあげ「へーそういう事ですか!流石持ち家すべてさんは良くしってらっしゃる!(何が辞めるだよ。。しがみつく癖に。)」
 

持ち家に全てをかけた

 

ブラック職場の記事内でもお話したのですが、持ち家すべてさんは職場のお局様と付き合っていました。もちろん職場の人には内緒で。

 

持ち家すべてさんは身長低かったし、性格は短気だし、髪がうすいのもあってもみあげからしたらとてもじゃないけどもてそうには思えなかったので、おそらくお局様との恋愛に全てを賭けてたんだと思います。

 

それは凄い事だと思います。確か持ち家すべてさんは千葉の方に5000万円位でマイホームを購入しました。そして家が完成して半年位したらお局様と結婚しましたよ。

 

まさに持ち家に全てをかけてゴールイン!を遂げたんです。凄い事ですよね。ここまでなら感動話になると思います。

持ち家すべてさんのその後

 

他部署に飛ばされた

持ち家さんはその後どうなったのでしょうか?実はもみあげ20代後半の失敗談でも語っているのですが、上昇志向がむちゃくちゃ強くて、早くのしあがりたくてしょうがなかったんです。

www.momiage.work

ブラック職場に嫌気をさしていて土下座させられるは胸ぐらつかまれるは持ち家さんに散々パワハラというか、体罰的な事を食らっていたので。いつかやりかえしてやると虎視眈々と狙っていました。

 

収益をその職場で積み上げ、一つの部署のリーダーを任されるようになり、その当時のグループマネージャーに取り入って、支店での収益報告会にまで参加できるような立場になっていました。(通常10年選手の係長から参加できる)

 

ある日、持ち家すべてさんが難癖をつけてきたので、これはチャンスだと思って、「こんな意味が分からないバカとはもう仕事ができない。本当にいい加減にして欲しい!」と事務所内全員に聞こえるような大声で言い合いをしたんです。

 

グループマネージャーにすぐにもみあげと持ち家すべてさんは呼び出されて、色々質問されることになりました。もみあげさんの意見はあるかいと聞かれたので

 

もみあげ「持ち家すべてさんがいる職場ではもう仕事がしたくないです。自分を飛ばすか、持ち家すべてさんを飛ばすかはっきりしてください!」と要望。これによって持ち家すべてさんは他の部署に飛ばされました。


残業ベースの支払いだとローンが払えない

その飛ばされた部署では残業はほとんど認められない部署だったんです。残業ベースでローンを組んでるから、支払いが本当に大変になったと思います。持ち家の厳しい部分ですよね。急に給与水準が下がると支払いができなくなるというリスクです。

 

さらに元々短気だった持ち家すべてさんはその部署でも何度も上司と喧嘩して問題を起こします。その部署は現場ではなく事務的な事を行う部署だったので、肌にもあわなかったんでしょう。もみあげまでそんな噂が聞こえてきました。

 

そしてその後5年位経ったときでしょうか。持ち家すべてさんはまたその部署で大喧嘩をしてしまって、自主退職という形で会社を首になりました。

 

更にすべてをかけて持ち家を購入したことによって結婚できたお局様とも離婚してしまったという事です。

流石に自分が人生を狂わせたかもと後悔もあります

まとめ

 今回の持ち家派?賃貸派?持ち家に全てをかけた男の話 お金はどこへ消えた?いかがだったでしょうか。

 

壮絶な持ち家すべてさんのお話でした。もし賃貸ならこんな壮絶な事にならなかったかもしれないですね。ただ誰が持ち家すべてさんのマイホーム購入に批判をできるのでしょうか?

 

心から愛したお局様とのゴールインの為に、お金を持ち家に注ぎ込み、残業を150時間以上、時には200時間以上残業をして、会社のネームバリューを使ってきなれないスーツを着て銀行にローンを組んで持ち家に全てを正にかけたと言えます。

 

もみあげがもしただ黙って従う物分かりのいい部下なら持ち家すべてさんの人生はそのすべてをかけた持ち家のように素晴らしい物になっていたかもしれませんよね。

 

未だに思い出すと怒りと複雑な感情を思い出しますが、でも一生忘れられない苦い思い出として心にとどめています。皆さんもこのお話しで何かを感じたりしたら意味があるかなと思います。

もみあげは賃貸派です!(転勤が多いから笑)

では皆さんがお金と一緒に幸せな暮らしを送れることを祈って。

No money! No life!

 

↓応援ポチっとありがとうございます!↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

↓面白かったら是非ともシェア願います↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<関連記事>

こちらは”お金はどこへ消えた”2人目です。帝国ホテル大好き営業マンOさんの年収1200万円のお金が消えた感動ストーリー。(やり過ぎ感も。笑)

www.momiage.work

 

こちらは”お金はどこへ消えた”の記念すべき一人目です。敏腕マルチプロデューサービッぐママのお金はどこへ消えた?

www.momiage.work

 

もみあげのリアルストーリーです。借金から投資までを綴ったお話、資産運用のヒントもでてきますよ!

www.momiage.work