”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

【月間ブログ内人気記事ランキング】記事毎に特徴説明・アクセス・収益も公開 
【米国業界分析】米国カード業界分析 クレジットカード大国アメリカ実情
遺産相続株式5000万円の税金は? 500万円の損失 投資を始めたきっかけ第12話
ブログアクセス倍増 グーグル砲をゲットする為の9つの重要ポイント!

米国市場分析-米国景気

ブルームバーグ氏が大統領選挙出馬確定!前NY市長で世界有数の億万長者

ビッグニュースが入ってきました!前々から噂をされてた前NY市長のマイケル・ブルームバーグ氏が民主党候補として大統領選挙に立候補が確定しました! アラバマ州からの出馬を予定していて、今週中に書類を提出予定が見込まれていたのですが、立候補締め切り…

S&P500セクターリスク分析は投資家必見!米国大統領選挙に備えよう

2020年の11月3日の米国大統領選挙開始まで1年を切ってきました。今回の大統領選挙が米国市場に与える影響に関しては投資家は非常に気になるのではないでしょうか? 更に各候補が掲げている政策によってはセクター毎に様々なリスクがありそうです。 下記記事…

世界最強経済大国の危機も?米国大統領選挙から株式市場の未来を占う

現在2020年の11月3日からの大統領選挙に向かって、共和党現大統領のトランプ氏と民主党内の代表候補を決定する熾烈な選挙前哨戦が行われています。 世界最強経済大国が米国であるという事は、時価総額ランキングトップ50において32もの企業がランクインして…

S&P500はトランプツイート次第?コミュニケーション能力の重要性

FRBが2019年における年内3回目の利下げを実施しましたね。これによってマーケットは好感して、米中貿易摩擦に関しても小康状態になっていたのもあり、S&P500指数が過去最高値を更新している状況になっています。 今回は注目したいのが、 トランプツイートとF…

リセッション・暴落で億万長者になるのは予言者?情弱投資家が搾取される理由

S&P500が最高値を達成しましたね。そうなってくると余計に投資家が意識しだすのが大暴落・リセッションだと思います。Twitter・SNS上でも、ニュースなどでも大暴落・リセッションに関して更に議論が白熱しだすと思います。 もみあげは最近考えるのが、大暴落…

【朗報】FRB量的緩和のドーピングで株価上昇を期待!だが投資家は要注意の理由とは?

FRBが月間600億ドルの莫大な金額を量的緩和することを発表しています。米中貿易「第一段階」合意のニュースとほぼ同時でした。実はこのニュースも株価に非常に大きな影響を与えます。株価はこれから上昇していくと考えます。 www.nikkei.com なぜ株価が上昇…

10月15日まで対中関税2500億ドル分延長 今後の米国市場はどうなる?

9月11日にツイッターにてトランプ大統領は10月1日に予定されていた対中関税2500億ドル分を10月15日まで延長すると発表しました。この報道から米国市場・株価は上下に振れるとしてもクリスマス位までは基本的に上昇していくともみあげは予想します。 jp.wsj.c…

【米国市場分析】クリスマス商戦に注目 米国GDP70%は個人消費

米国市場にとっても最も重要な時期であるクリスマス商戦が近づいてきました。1番の理由は米国GDPの70%を個人消費が占めているからですね。それを見越してかのトランプ大統領は中国への10%関税で一部品目の発動を12月15日まで延期していますね。 www.bloomb…

【米国市場分析】米債逆イールド発生!米国市場は悲観一色 米国株1カ月変動率

米10年債と2年債で逆イールドが発生しました。アメリカ市場は悲観一色です。今回は、米国株の中においてハイテク・通信・金融・エネルギー・消費財・資本財・生活必需品・公益・タバコのセクターにおいて代表的な銘柄の1カ月の動きをチェックしておこうと思…

【米国市場分析】FRB政策金利25bp引き下げ決定 投資家にはチャンス到来か!

FOMCにおいて、2008年以来の10年ぶりに政策金利引き下げが決定しましたね。これによってFRBが政策金利を25bp下げることによって、金利のレンジは2.00-2.25%に下がる事になります。 上記FRBの利下げはアメリカ市場にとって今後の米国株投資家にとっても非常…

【米国市場分析】米国景気はまだ底堅い? 米国鉄道会社決算から考察

米国株決算が続々と発表されていますね。決算に関しては会社単独で見るのもいいのですが、いくつかの会社を比較したり関連付けたりしていくと経済全体が見える事もあると思います。 今回はアメリカ鉄道会社株のユニオンパシフィック(UNP)とCSXの決算から今…