”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

【月間ブログ内人気記事ランキング】記事毎に特徴説明・アクセス・収益も公開 
【米国業界分析】米国カード業界分析 クレジットカード大国アメリカ実情
遺産相続株式5000万円の税金は? 500万円の損失 投資を始めたきっかけ第12話
ブログアクセス倍増 グーグル砲をゲットする為の9つの重要ポイント!

米国市場分析

ブルームバーグ氏が大統領選挙出馬確定!前NY市長で世界有数の億万長者

ビッグニュースが入ってきました!前々から噂をされてた前NY市長のマイケル・ブルームバーグ氏が民主党候補として大統領選挙に立候補が確定しました! アラバマ州からの出馬を予定していて、今週中に書類を提出予定が見込まれていたのですが、立候補締め切り…

S&P500セクターリスク分析は投資家必見!米国大統領選挙に備えよう

2020年の11月3日の米国大統領選挙開始まで1年を切ってきました。今回の大統領選挙が米国市場に与える影響に関しては投資家は非常に気になるのではないでしょうか? 更に各候補が掲げている政策によってはセクター毎に様々なリスクがありそうです。 下記記事…

マクドナルド前CEO性的関係は3週間前に発覚?チャートが語る真実

【MCD】マクドナルド前CEOが従業員との合意による性的関係を持ったことは大きなニュースになりました。ウォールストリートジャーナルのニュースにおいて全CEOのスティーブ・イースタンブルックの性的関係はその情報が公開される3週間前から発覚していたのが…

世界最強経済大国の危機も?米国大統領選挙から株式市場の未来を占う

現在2020年の11月3日からの大統領選挙に向かって、共和党現大統領のトランプ氏と民主党内の代表候補を決定する熾烈な選挙前哨戦が行われています。 世界最強経済大国が米国であるという事は、時価総額ランキングトップ50において32もの企業がランクインして…

S&P500はトランプツイート次第?コミュニケーション能力の重要性

FRBが2019年における年内3回目の利下げを実施しましたね。これによってマーケットは好感して、米中貿易摩擦に関しても小康状態になっていたのもあり、S&P500指数が過去最高値を更新している状況になっています。 今回は注目したいのが、 トランプツイートとF…

リセッション・暴落で億万長者になるのは予言者?情弱投資家が搾取される理由

S&P500が最高値を達成しましたね。そうなってくると余計に投資家が意識しだすのが大暴落・リセッションだと思います。Twitter・SNS上でも、ニュースなどでも大暴落・リセッションに関して更に議論が白熱しだすと思います。 もみあげは最近考えるのが、大暴落…

IPO銘柄ビヨンドミートが株価25%暴落!IPOバブルが崩壊した理由とは?

2019年のIPOで大きな注目を集めた米国株の人口肉メーカーの【BYND】ビヨンドミートが7月-9月期Q3の決算後に暴落しました。前日終値が105.41だったのが、決算発表後に約25%下落して80.01まで急落しています。 理由としては、ロックアップ後(上場後一定期間…

不労所得にオススメ【T】AT&Tが決算微妙でも株価爆上げ!理由を簡単に解説!

不労所得にオススメ、高配当マシーンの【T】AT&TのQ3決算が発表されました。内容としては微妙でしたが、本日株価は5%近く上昇しました。 高配当5.5%、連続増配32年で米国株高配当戦略投資家に非常に人気がある【T】AT&Tです。この銘柄の株価が最近好調なん…

【米国株】マイクロソフトがペンタゴンの1兆円契約受注!オススメ5ポイント!

【MSFT】マイクロソフトが米ペンタゴン(米国国防総省)から1.1兆円のクラウド契約を受注したというビッグニュースが飛び込んできました。 アマゾンとの競争に打ち勝ち受注しています。クラウドでの熾烈な競争においてマイクロソフトが優位に立ったという事…

【米国株】マクドナルQ3決算不調で株価大幅下落!長期投資家は冷静に判断を

【MCD】マクドナルドがQ3決算不調でした。EPS:$2.11(予想:$2.21)、売上高:$5.43B(予想:$5.49B)でEPSも売上高も予想に届かずという結果。本日で株価は$205.09/株から$199.27/株と5%の大幅下落となってしまいました。 但し決算に関しては前々から少し…

【速報】ジョンソンエンドジョンソン株価急落!ベビーパウダーリコール!投資家は売りか?

米国株のヘルスケアで最も人気がある銘柄の【JNJ】ジョンソンエンドジョンソンがFDA(アメリカ食品医薬品局)からの指摘を受けてベビーパウダーのリコールを行うことをアナウンスしました。これによって$134.4/株→$127.7/株で6%以上急落しました。 米国株投…

【ランキング】世界ブランド価値ランキング発表!お気にいり銘柄は何位?

2019年度世界ブランドランキングが発表されました。これは 米広告大手オムニコム・グループ傘下のインターブランドによって毎年行われていて、今年で記念すべき20年目だという事です。 各ブランドの製品やサービスの業績、消費者が購入を決定する上で担う役…

【米国株】中国市場における米ブランド離れが進む!注視したい3銘柄とは?

2018年から続く米中間における米中紛争にはまだまだ終わりが見えない状況です。米中貿易紛争の長期化によって中国人の米ブランド、米国商品に対する認識も変わってきているみたいです。 中国消費者の「米国離れ」、時代映す巨大な波に - WSJ 今回は特に中国…

【朗報】FRB量的緩和のドーピングで株価上昇を期待!だが投資家は要注意の理由とは?

FRBが月間600億ドルの莫大な金額を量的緩和することを発表しています。米中貿易「第一段階」合意のニュースとほぼ同時でした。実はこのニュースも株価に非常に大きな影響を与えます。株価はこれから上昇していくと考えます。 www.nikkei.com なぜ株価が上昇…

株価暴落UberやLyftの今後は?米国株IPOバブル崩壊後の現在と未来

株価が暴落した 【UBER】ウーバーや【LYFT】リフトに代表される加熱した米国IPOブームは一時期のバブルだったといえると思います。2019年のIPOは全部で158銘柄です。 このIPOによって全額で6兆円位のトレードが行われ、米国市場全体を5%程引き揚げたそうです…

今更聞けない!ビットコインとリブラの違い、仮想通貨とデジタル通貨の違いとは?

ビットコインもリブラも仮想通貨、ただし仮想通貨の別種類。デジタル通貨にはアップルペイも含まれる。といった事を皆さんは分かりますでしょうか?もみあげはわかっていませんでした。 でもビットコインもリブラもアップルペイもニュースなどで頻繁に登場し…

16歳環境活動家グレタさん演説から考える ESG投資が1000兆円を生む?

16歳環境活動家グレタさんが9月23日、ニューヨークで開催された「国連気候行動サミット」で、1各国の首脳を前に地球温暖化対策について熱弁を振るい、実効的な対策を即座に取るよう訴えました。 この演説に関しては賛否両論あると思います。もみあげは今回は…

【速報】ディズニーとソニーがスパイダーマンで和解でファン大歓喜!投資家も大歓喜か?

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム ブルーレイ&DVDセット(初回生産限定) [Blu-ray] ファン大歓喜!投資家も大歓喜!素晴らしいニュースが飛び込んできました。皆さんご存知のスパイダーマンに関してディズーとソニーが和解したんです! www.nikkei.com …

インデックスファンド世界1に!インデックスとアクティブは共存共栄?

インデックスファンドの資産運用額が初めてアクティブファンドの資産運用額を上回ったそうです。ウォール街の新たな王者にという見出しで記事が紹介していますね。 jp.wsj.com インデックスファンドの資産額は8月末時点で4兆2700億ドル(約461兆円)と、月次…

ESG投資の流行はマーケットに朗報 だがあの高配当銘柄達は焼かれる悲報

ESG投資の流行はマーケットに朗報です。ESG投資にマッチする企業には資金が集まりやすくなるからですよね。だけどあの高配当銘柄達は売られがちになり焼かれてしまっている悲報もあるのではないかと思います。 それが高配当タバコ銘柄達です。米国株投資家に…

10月15日まで対中関税2500億ドル分延長 今後の米国市場はどうなる?

9月11日にツイッターにてトランプ大統領は10月1日に予定されていた対中関税2500億ドル分を10月15日まで延長すると発表しました。この報道から米国市場・株価は上下に振れるとしてもクリスマス位までは基本的に上昇していくともみあげは予想します。 jp.wsj.c…

【米国市場分析】クリスマス商戦に注目 米国GDP70%は個人消費

米国市場にとっても最も重要な時期であるクリスマス商戦が近づいてきました。1番の理由は米国GDPの70%を個人消費が占めているからですね。それを見越してかのトランプ大統領は中国への10%関税で一部品目の発動を12月15日まで延期していますね。 www.bloomb…

【米国市場分析】「株主中心主義」拒否報道 米国株投資はやめるべきか?

今回はブルームバーグで掲載された米経済界「株主中心主義」拒否報道に関してのもみあげが感じた事を記事にしようと思いました。この報道によってアメリカ市場にどのような変化があるのか。 www.bloomberg.co.jp 米国企業が方針を変えるとアメリカ市場が変化…

【米国市場分析】米債逆イールド発生!米国市場は悲観一色 米国株1カ月変動率

米10年債と2年債で逆イールドが発生しました。アメリカ市場は悲観一色です。今回は、米国株の中においてハイテク・通信・金融・エネルギー・消費財・資本財・生活必需品・公益・タバコのセクターにおいて代表的な銘柄の1カ月の動きをチェックしておこうと思…

【米国市場分析】FRB政策金利25bp引き下げ決定 投資家にはチャンス到来か!

FOMCにおいて、2008年以来の10年ぶりに政策金利引き下げが決定しましたね。これによってFRBが政策金利を25bp下げることによって、金利のレンジは2.00-2.25%に下がる事になります。 上記FRBの利下げはアメリカ市場にとって今後の米国株投資家にとっても非常…

【米国市場分析】米国景気はまだ底堅い? 米国鉄道会社決算から考察

米国株決算が続々と発表されていますね。決算に関しては会社単独で見るのもいいのですが、いくつかの会社を比較したり関連付けたりしていくと経済全体が見える事もあると思います。 今回はアメリカ鉄道会社株のユニオンパシフィック(UNP)とCSXの決算から今…