”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

米国株長期投資実録(個別株&ETF)。40代・米国駐在員。2018年9月資産1400万→10年後5,000万→20年後1億の目標へ!投資&金融リテラシー&米国生活など飾らない言葉で。お金で幸せになりましょう!

月間ブログ人気ランキング もみあげ″イチオシ”記事も紹介!
【米国業界分析】米国カード業界分析 クレジットカード大国アメリカ実情
遺産相続株式5000万円の税金は? 500万円の損失 投資を始めたきっかけ第12話
ブログアクセス倍増 グーグル砲をゲットする為の9つの重要ポイント!

米国市場分析

インデックスファンド世界1に!インデックスとアクティブは共存共栄?

インデックスファンドの資産運用額が初めてアクティブファンドの資産運用額を上回ったそうです。ウォール街の新たな王者にという見出しで記事が紹介していますね。 jp.wsj.com インデックスファンドの資産額は8月末時点で4兆2700億ドル(約461兆円)と、月次…

ESG投資の流行はマーケットに朗報 だがあの高配当銘柄達は焼かれる悲報

ESG投資の流行はマーケットに朗報です。ESG投資にマッチする企業には資金が集まりやすくなるからですよね。だけどあの高配当銘柄達は売られがちになり焼かれてしまっている悲報もあるのではないかと思います。 それが高配当タバコ銘柄達です。米国株投資家に…

10月15日まで対中関税2500億ドル分延長 今後の米国市場はどうなる?

9月11日にツイッターにてトランプ大統領は10月1日に予定されていた対中関税2500億ドル分を10月15日まで延長すると発表しました。この報道から米国市場・株価は上下に振れるとしてもクリスマス位までは基本的に上昇していくともみあげは予想します。 jp.wsj.c…

【米国市場分析】クリスマス商戦に注目 米国GDP70%は個人消費

米国市場にとっても最も重要な時期であるクリスマス商戦が近づいてきました。1番の理由は米国GDPの70%を個人消費が占めているからですね。それを見越してかのトランプ大統領は中国への10%関税で一部品目の発動を12月15日まで延期していますね。 www.bloomb…

【米国市場分析】「株主中心主義」拒否報道 米国株投資はやめるべきか?

今回はブルームバーグで掲載された米経済界「株主中心主義」拒否報道に関してのもみあげが感じた事を記事にしようと思いました。この報道によってアメリカ市場にどのような変化があるのか。 www.bloomberg.co.jp 米国企業が方針を変えるとアメリカ市場が変化…

【米国市場分析】米債逆イールド発生!米国市場は悲観一色 米国株1カ月変動率

米10年債と2年債で逆イールドが発生しました。アメリカ市場は悲観一色です。今回は、米国株の中においてハイテク・通信・金融・エネルギー・消費財・資本財・生活必需品・公益・タバコのセクターにおいて代表的な銘柄の1カ月の動きをチェックしておこうと思…

【米国市場分析】FRB政策金利25bp引き下げ決定 投資家にはチャンス到来か!

FOMCにおいて、2008年以来の10年ぶりに政策金利引き下げが決定しましたね。これによってFRBが政策金利を25bp下げることによって、金利のレンジは2.00-2.25%に下がる事になります。 上記FRBの利下げはアメリカ市場にとって今後の米国株投資家にとっても非常…

【米国市場分析】米国景気はまだ底堅い? 米国鉄道会社決算から考察

米国株決算が続々と発表されていますね。決算に関しては会社単独で見るのもいいのですが、いくつかの会社を比較したり関連付けたりしていくと経済全体が見える事もあると思います。 今回はアメリカ鉄道会社株のユニオンパシフィック(UNP)とCSXの決算から今…